ウナラスカ1826

I-sana paddle Unalaska 1826

  • 水刃型・色 片面に溝のある一つの嶺・写真の色
  • 水刃 表裏 在り
  • 柄型・色 木製卵型 約3cm×約4cm・写真の色
  • 特徴 力強い漕ぎを好む方むき

素性

アリュートの言葉で「ウナラスカ」とは小さな土地。「アラスカ」とは大きな土地。
ロシア統治時代のアラスカに、海軍少将として赴任したArvid Adolf Etholénが、1826年にウナラスカ島で収集したパドルの復元モデル。
原物はフィンランド国立博物館に収蔵されている。